出会い系カフェ

仕事先の人と約束してしまったため、歓楽街にある出会い系カフェとやらに一人で行く羽目になってしまった。入口でシステムを受けたところによると、入会金として5千円、一時間ごとに千円の料金がかかり、マジックミラー越しに椅子やソファーに座っている女の子(?)を観察することができるのだという。出会い系カフェと言いながらその実、援助交際の温床に過ぎない。若いうちからああいうことで生活することを覚えると、金銭感覚が麻痺して働くことがバカらしくなり、将来碌なことにはなるまい。ただあのレベルにカネを支払う男がいることが驚きだった。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。